会社の規模別監視システム 1−2:サーバー監視を効率的に行うために必要な統合監視ソフトでできることとは?

サービスの安定的な提供・運営のために必要となる「サーバー監視」。
そのサーバー監視にはさまざまな項目がありますが、効率化、コスト削減のためには、サーバー監視・運用のPDCAサイクルを回すことが重要です。

その効率化・コスト削減の程度を測り、向上させていく方法としては、複数の項目を監視することが可能な「統合監視ソフトウェア」を導入することが効果的です。
「統合監視ソフトウェア」は、「システム監視」、「リソース監視」、「情報供給・分析」、「復旧支援」を同時に行うことができるため、サーバー監視運用に関わるトータルコストを大幅に削減できます。

物理・仮想の境がなく、さまざまな機器を監視

サーバーと一口に言っても、サーバーにはWindows、Linux、AIX、Solarisなど多種多様なOSが存在しています。他にもVmwareのように仮想化を用いて運用することもあり、その都度、監視の構成を整備すると、非常にコストがかかってしまうのです。

しかし、統合監視ソフトを使用することで、このコストの問題は軽減が可能です。統合監視ソフトは、さまざまなOSに対応し、物理・仮想化の境がないため、どのような環境であっても監視を行うことが可能です。

幅広く、手広い監視により、運用コストの最適化を実現

サーバー機器、ネットワーク機器と、複数のOSやファームウェアからなるシステムを監視する場合、運用しているシステム・サービスごとに監視製品を選定する必要があります。

統合監視ソフトの場合、監視マネージャ一1台で、多数のOSやファームウェア、規模的には数千台の機器を統合し、監視できます。これにより、新旧監視製品の混在がなくなり、管理の効率化が実現し、運用コスト大幅削減につながります。

導入した機器の台数ごとに支払う必要があったライセンスも、最新の統合監視ソフトであれば機器や監視の重要度で、監視項目単位に調整することが可能です。
そのため、ライセンスコストを大幅に削減可能です。システムや、サービス収益に合わせて、コストの調整が図れるのは、統合監視ソフトの大きな利点です。

一元的に監視し、復旧までをスムーズに

サーバー監視を統合的に行うことにより、スムーズとなるのが「サーバー復旧」です。
復旧には、まずサーバーの障害を検知し、管理者へ通知すること。そして次に、障害の要因を特定し、即座に復旧につなげることがポイントとなります。

統合監視ソフトを使用すれば、複数の監視で即座に管理者へ通知し、障害の要因特定に便利なログと、サーバーを即座に復旧するために使う復旧支援ツールで、スピード感ある復旧が可能です。
また、障害を未然に防ぐための診断や、分析も定期的に行っています。このおかげで、システムが定常的かどうかを常に把握できるのです。

このように統合監視ソフトの導入は、上記のように多数のメリットがあるため、初めてサーバー監視の導入を検討している企業にとっては、とても効果的な選択であると言えるでしょう。

《 会社の規模別監視システム 1−1:サーバー監視とは

シリーズ一覧

[catlist tags=”会社の規模別監視システム” orderby=title order=asc numberposts=-1]