サーバー監視システム導入のメリットベスト5

-shared-img-thumb-OZPA_otokohasenakadekataruiine_TP_V

サーバー監視システムを導入すると、サーバー管理者にとって、たくさんのメリットがあるのはご承知のことでしょう。
その中でも、管理者が特に大きいメリットだと感じている点は一体どこなのか、情報を集め、まとめてみました。

ベスト5!設定が簡単!初めての方でも簡単に使うことができる

サーバー監視を1から構築する場合、高度な専門知識が必要となってきます。その場合、サーバー管理者は、システム構築を行える方集め、設計する必要があります。

しかし、サーバー監視システムであれば、ブラウザ上で簡単に設定ができるので、初めてシステムに触れるという方でも、簡単に扱うことが可能です。
さまざまな種類の監視を、管理画面から一括で管理できるので、便利と思っている方が多くいらっしゃいます。

ベスト4!サーバー管理者の負荷を軽減できる

サーバー管理者の悩みと言えば、サーバーは一つではなく、複数台管理するケースがあることでしょう。複数のサーバーにまたがると、OS、ハードウェア、ソフトウェアが異なる場合も多く、管理者の負担や、コストが非常に増加します。

管理者の悩みが増えれば、業務に追われ、トラブル発生時に対応できないというケースも頻発しています。

このケースを解消できるのが、サーバー監視システム。
OSや、ハードウェアの構成が異なっていても、一元管理できるので、管理者の負担を大きく減らせるのです。

ベスト3!大きくコストを抑えることができる

システムを構築する上で悩みの種になるのは「コスト」です。サーバー監視を一つ一つ丁寧に構築すれば、安全性は高まりますが、費用が大きくなり、また、人を扱う必要も出てきます。

サーバー監視システムは、対象サーバーに導入するだけで、さまざまな監視を可能にし、人件費も大幅に抑えられます。

ベスト2!さまざまな監視を同時に行える

従来の方法では、一つ一つ監視システムを構築する必要がありました。これでは、手間もコストもかかり、企業の負担は大きくなってしまいます。

サーバー監視システムを導入すれば、さまざまな監視を一括で行え、手間を大きく軽減でき、抜けのない監視で、安全性も大きく高まります。

ベスト1!サーバーの停止を防ぎ、障害発生時間を短くできる

企業で最も避けたい事態は、サーバーが停止してしまうことでしょう。

サーバーが停止してしまった場合、以下のようなトラブルに見舞われます。
・お客さまから商品を受注できなくなり、顧客離れが始まる
・社員が書類の閲覧、印刷ができなくなり、業務に支障がでる
・メールを送受信できなくなり、問い合わせができなくなる

サーバーを監視する一番の理由は、このサービス利用不可の状況を防ぎ、障害発生時間をなるべく短くするためです。

サーバー監視システムを利用すれば、サーバーの健康状態を常に把握し、未然に障害になりそうな要因を検出できます。
また、障害発生時には、即座にサーバー管理者に連絡し、設定した情報を元に、復旧を試みることも可能となります。

このようにサーバー監視システムには、サーバー管理者にとって、さまざまなメリットがあることを知って、自社に必要なシステムかどうか検討してみると良いでしょう。