入門!ログ管理とは?(4)シンクライアント・仮想環境のログ管理

c514b98a3baf18cb79f9adf7874499d4_m

シンクライアント環境で、PC操作ログ管理の一元化

情報漏えい対策や、クライアント環境のログ管理一元化を実現するため、企業のサーバーシステムとして、VMwareやCitrixなど仮想化技術を利用したシンクライアントを導入する企業が増えています。

1台あるいは複数台のサーバー上に多数の機器を仮想的に搭載できる仮想化技術は、コスト削減やサーバー統合による資産の有効活用という面からも注目されており、多くのデータセンターやオンラインサービスが仮想化の導入を進めています。
また、仮想化はクラウドサービスに必須の技術となっているほか、ログ管理、情報漏えい対策を含むセキュリティ対策として有効なシンクライアントでも利用されています。

仮想化技術を利用したシンクライアントは、端末に記憶装置を持たず、サーバー上にある仮想マシンを遠隔で操作するため、シンクライアントPCにはデータが残らず、万が一紛失した場合でも情報流出の心配をしなくて済みます。
シンクライアント導入で、営業担当者はメールや日報、見積もりなどの作成を外出先でも行うことが可能となり、柔軟なワークスタイルで営業活動が進められるようになります。
また在宅勤務に活用すれば、ワークライフバランスの向上にもつながります。
シンクライアントは飛躍的に利便性を向上させます。

シンクライアントでも情報漏えいは起こる~ログ管理の必要性~

仮想デスクトップ、シンクライアント環境でも情報漏えいの危険性が全くなくなるわけではありません。
むしろ、シンクライアント環境では、社内の同僚や上司等、周囲の目を気にすることがないため、PCがインターネットに接続できれば、メールやオンラインストレージなどを利用して、不正にデータを持ち出すことも可能であり、社外からのリモート操作という意識レベルの低下から、情報漏えいの可能性は高まるとさえ言えるのです。

こうした不正な操作を発見し、対策をとるためには、シンクライアントにおいても操作ログを記録しログ管理することは非常に重要なことといえます。
シンクライアントでの操作ログのログ管理をきちんと行っておけば、問題が起きた場合の証跡にもなるので、内部統制の観点からも有効な対策になります。
市販のログ管理機器なども活用し、仮想デスクトップやシンクライアント環境の操作記録をログ管理する体制を整え、情報漏えいなどの不正操作の抑止に役立てましょう。