カテゴリー: 次世代ネットワーク部

仮想化環境とマシン、ネットワーク

03_S_05

今回は、vSphereの仮想化環境マシン同士や外部の世界とやりとりを担う「ネットワーク」についてお伝えします。 仮想化環境マシンがネットワーク接続できる理由 前回、仮想化環境マシンは1台の物理サーバで、複数の機器を動かす… もっと読む »

ロードバランサの活用(5)WAF

03_S_02

前回は、DDoS攻撃への対策に関しまして、 「アプリケーションサイドへのDDoS攻撃」に焦点をあてた対策ということで、 ネットワークファイアウォールの機能について詳しく取り上げましたが、 今回はもう1つの要であるWAFの… もっと読む »

ロードバランサの活用(4) 「ネットワークファイアウォール」と「Webアプリケーションファイアウォール」その2

03_S_02

前回、DDoS攻撃は 「回線の帯域幅をパンクさせるタイプの攻撃」「アプリケーションサイドへのDDoS攻撃」 の2種類があると紹介しました。 今回はこの中でも「アプリケーションサイドへのDDoS攻撃」に焦点をあてた対策を紹… もっと読む »

ネットワークの柱!DHCPサーバ

05

DHCPサーバは、DNSサーバと同様に止まってしまうと大変な影響を及ぼすサービスの1つです。 今回はDHCPサーバについて基本的な説明と、利用状況の確認方法について説明します。 DHCPとは、Dynamic Host C… もっと読む »

ロードバランサの活用(3) 「ネットワークファイアウォール」と「Webアプリケーションファイアウォール」その1

03_S_02

近年、ITシステムを取り巻く環境は急激に複雑化し、セキュリティ対策が大変困難になっています。 特に対策が難しいのは、アカウントハッキング、Webアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃、DDoS攻撃といった、ひと筋縄の対策で… もっと読む »

ロードバランサの活用(2) ロードバランサからADCへ

03_S_02

前回の「ロードバランサの活用でシステム構成をうまく機能させる方法」に続いて、今回は「ロードバランサからADCへの転換点」を紹介します。 ロードバランサの基本機能である「負荷分散」備えたロードバランサ製品が登場したのは、今… もっと読む »

統合脅威管理(UTM)アプライアンスの実情

03_S_05

UTMとは UTM(Unified Threat Management:総合脅威管理)とは、サーバー監視などに使用される、セキュリティ対策のさまざまな機能を統合して、容易にセキュリティ対策が行えることを目的として提供され… もっと読む »